IMG_4883

毛むくじゃらの家族と暮らしていると
イタズラしたり、吠えたり、咬んだり
困った行動に悩むことがありますよね。

飼い主にとっては、問題行動ですが
彼らにとっては、とても意味がある行動で
必要だからしているのですよ。

IMG_4886

応用行動分析学を学んで、問題行動には必ず
【する理由】があることを知りました。

犬が問題行動をするのは
ナメてるからとか、ワガママだからとか
性格のせいじゃないんですよね。

問題行動をしている時、実は犬も困っていて
自分で何とかしようと
行動を使って解決しているんです。

飼い主的に、問題行動だと思うと
まずは止めさせることを考えてしまいますが
問題行動をさせないようにしても
犬が困っている元々の原因に
アプローチしなければ
違う行動をするようになるかもしれないし
根本的な解決にならないです。

また、問題行動を
叱って止めさせようとすることが
行動を繰り返させる原因になり
逆効果なことも…。

IMG_4885

いつだったかな。

小麦がサークル内でペットシーツを
ビリビリに破くという行動を繰り返していました。

何でだろう?を考えてみたら
ビリビリする度に
かぁちゃんは小麦を見ていたんですね。

この、かぁちゃんからの注目が
小麦がビリビリを繰り返す理由。

小麦がかぁちゃんの関心を引きたかったのは
構って欲しかったからでした。

だから、ビリビリさせないじゃなくて
ビリビリしなくて済むように
小麦が求めていることを満たすと共に
ビリビリに注目しないように
かぁちゃんの行動を変えたのでした。

本当は、行動を繰り返すようになる前に
かぁちゃんの行動を
制御しなければならないのですが…。

それでも気づけたので、ヨシとしよう!

行動の仕組みを学んでいたおかげで
小麦の行動に隠れていた気持ちに
気づくことができました。

IMG_4884

かぁちゃんは、問題行動は
毛むくじゃら達からの切実なお願い
だと思っています。

そう思うと、イライラせずに
この子は、何を望んでいるのだろう?
してあげられる事は何だろう?
を冷静に考えられるし
対応をすることができるんです。

犬が問題行動をする原因は、それぞれです。

問題行動=悪いこと と、決めつけず
行動を理解して
問題行動をしないわけにはいかない
犬の気持ちに寄り添いたいですね。





行動の仕組みを学ぶには
青木先生の本がおすすめです。



ご興味がある方は、ぜひ♪




青木教室の宿題と復習を頑張るかぁちゃんに
ぽちっをありがとうございます♪

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村