IMG_3133

土曜日は、朝イチで病院へ。
小麦の定期ケアでした。

病院へ入った時は興奮して
飛び跳ねていた小麦でしたが
かぁちゃんが抱っこをすると
スーーーーっと落ち着いて
順番が来るまで膝の上で待っていられました。

入口に近い席で待っていたのですが
他のワンコさんが入ってきたら
空気中に漂う匂いをスンスンして確認。

勢いよく近付いてくるワンコさんに対しては
そっぽを向いて大人対応。

週末は混雑するので
待ち時間がちょっぴり長いのですが
最後は、かぁちゃんも小麦もコックリコックリ
うたた寝をしながら待つという
余裕っぷり!でした。

キャリーバッグの中で暴れる小麦を抱え
今日は診てもらえないかも・・・と
ドキドキしながら待ってた頃が懐かしいなぁ。

IMG_3154

小麦も元々は、病院で診察を待つ間に
寝られるぐらいだったんですよね。

それが入院・手術を重ねるごとに
どんどん落ち着けなくなってしまいました。

極めつけは、胃捻転で緊急手術を受けた時。

暴れて安静にできないので、3日で(^^;;
退院してもらいますと言われてしまいました。
(結局は、治療が必要で1週間入院しました。)

この時から、本気でどうにかしなくては!と
取組みに本腰を入れたのでした。(遅!)

リラックストレーニングをしたり
ハズバンダリートレーニングをしたり。

少しずつ、少しずつ、小麦とかぁちゃんで
【大丈夫】を重ねていって、今に至るのですが
今思うと、『今日も暴れるかな。』とか
『先生を咬んだらどうしよう。』とか。

そういうかぁちゃんの不安が
小麦の不安をイチバン煽って暴れることに
繋がっていたんだろうなと改めて反省しました。

というのも、待合室で待っている間
ワンコさんと飼い主さんの様子を観察していると
落ち着いている子の飼い主さんは
落ち着いてゆったり座っていて
落ち着かないワンコさんの飼い主さんは
同じように落ち着いていなかったんですよ。

でも、飼い主さんが落ち座っておちついたら
ワンコさんも落ち着いてフセしはじめて
あ、やっぱりそうだよね〜と
以前のかぁちゃんと小麦を見ているようでした。

ワンコ達はとっても感受性が高い動物で
飼い主の様子で今の状況を
判断したりするんですよね。

小麦は特に敏感で、かぁちゃんの
些細な感情の変化にも反応します。

だからかぁちゃんの不安は、小麦に伝播するわけで
そりゃ、不安で落ち着けるわけがなかったよね…。

常に平常心って難しいのですけど
ワンコ達の前では、頑張って保ちたいですね。

IMG_3134

かぁちゃんの保定で、落ち着いてケアを受けられるようになった小麦は、もう一歩前進!

実は、少し前から病院の混み具合によっては
中にお預けして定期ケアをしてもらっています。

小麦にとっても理解のある先生方なので
無理をさせることはしないでくださいます。
なので安心してお預けできました。

一度やってみて、ダメそうなら
次回はお断りしようと思っていたのですが
かぁちゃんが保定の時よりはちょっぴり
緊張してるかな?と言う感じはありますが
ぐったり疲れる様子もなく
思ってた以上に平気そうで
びっくりするやら、うれしいやら。

中での様子を聞くと、暴れたりカラ噛みもなく
じっと保定されているそうです。
(念のためズルガードは付けてます)

あべべべーと鳴かずに先生に抱かれて奥に入って
キョドッたりせず、堂々と出てくる小麦を見て
本当に逞しくなったなぁと
感動したかぁちゃんなのでした。

IMG_3153

病院を頑張ったコムさんと
お留守番を頑張ったひじかのさんで
鮪のサクをしばいたぜー。

今回の定期ケアでは、特に問題ナシ!

台風が来て気圧の変化が激しかったけど
ごきげんも♪まずまずで、ホッと一安心です。

激しく暑い日が続いてますが
体調を整えて乗り切りましょうー!

てか、涼しくなる気配を一向に感じませんねぇ。