IMG_9285

月曜日。
出稼ぎを終えて帰宅したら
いつもならミャーミャー激しく鳴きながら
出迎えてくれるかのこさんがいない。

これまで、寝ていて出遅れることはあっても
玄関に降りて来ないことはなくて。
(わが家はリビングが2階なんです)

しかも鳴き声が全く聞こえない。

これはおかしい!

いやーな予感がして二階に駆け上がったら
階段の入り口に、かのこさんがいました。

姿を確認して、外に逃げ出したり
どこかに閉じ込めたわけじゃなかったと
ほっとしたものの…。

かぁちゃんを見ても『ニッ!』と一声
鳴いただけだし、やっぱり様子が変で。

部屋を見渡したら、猫たちの隠れ場所にしている
棚の棚板が外れてこんな状態でした。

IMG_9289

棚には抜け毛の束があって
これは何かあったなと。

すぐにかのこのカラダを触って
くまなくチェック。

そして左後ろ脚を見てギョッとしました。

IMG_9287

ぱんっぱんやないかーい!

尻尾かと思ったよ…。

もう、速攻で病院に行きましたよ。

触診とレントゲンを撮って診てもらいましたが
骨折や外傷などはありませんでした。

レントゲンを撮る時に
腿を触ったら怒り出したそうで。
(かぁちゃんが触った時は平気だった)

部屋の様子から
棚板に腿が長時間挟まれ、圧迫されて
浮腫んでいるのではないかとの事でした。

留守中のことなので
本当のところはわからないですけどね。

なので消炎鎮痛剤を飲んで、なるべく安静にして
しばらく様子を見ることになりました。

本猫はいたって元気で
食欲モリモリ、排泄もバッチリ。

帰宅後はニャーニャー騒がしいのも復活。
↑こうでなくっちゃ!元気のバロメーターです。

ちょっと歩き方がぎこちないけど
高いところへもサクッと登るし…。

安静にできるのかしら( ̄▽ ̄;)

IMG_9370
かのこの辞書に【安静】の文字はにゃい?!

動物と暮らしていると
時に想定外の事が起こりますね。

今回は、手術とか大ごとにならなかったから
良かったけど、色々と反省しました。

大丈夫だと思っていることも含めて
もう一度、環境を見直そうと思います。

かのこさんも、お転婆は程々にね〜