窓の外を眺めるかのこさん。

目をキラキラさせたり、見開いたり。
ときおり、ニッ!とか
ケケケケケケケ!!!と鳴いたり。

前のめりになったりして
それはそれは真剣です。


そんなかのこを観察するのが
かぁちゃんは大好きなんです。

特に尻尾の動きがおもしろい!

大きく左右にぶんぶん振ったり。

ピタッ!止まったと思ったら
パタパタと縦に振ったり。

尻尾の先だけピクピクと
動かすこともあります。

コムひじには尻尾での
表現がないから、なおさら。

ずっと見ていても飽きません。

毛むくじゃらの汁で窓が汚れてる( ̄▽ ̄)

かのこの横に行って、同じ目線で
一緒に眺めてみることがあります。

かのこと全く同じようには
決して見えていないだろうけど…。

どんな景色を見て
何をどう感じているのか
知りたいと思うのです。


種が違う動物と家族として
仲良く一緒に暮らすために。

まずは相手を知ろうとするところから
はじまるのではないかな?
と思っていて。


そんなかぁちゃんのバイブル的な本。
折に触れて読み返しています。

毛むくじゃらたちは大切な家族だけど
かのこは、猫で。
コムひじは、犬。

人目線を押し付けてはいけないと
読むたびに思います。

そして飼い主として、やっぱり
毛むくじゃらたちには幸せな時間を
たくさん過ごして欲しい。

そのためにも毛むくじゃらたちが
どんな時に幸せを感じ
どんな時に、怒りや
恐怖や不安を感じるのか。

知っておくことで
かぁちゃんが彼らの幸せのために
できることの幅が広がると思うのです。

そして、今はこんな風に
感じているのかな?

と、想像するのも
かぁちゃんの楽しみのひとつ。

かのこに聞いてみないと
本当のところは、わからないですけどね。


窓が汚ねぇにゃ!

だったりして( ̄▽ ̄)