すこやかに、女子力高めにまいりませう♪

夏目先生の座学に参加して
犬のお勉強をしました。

かぁちゃんにとって座学は
お散歩トレーニングと同様に
自分を振り返り、整え
毛むくじゃらたちに向き合う活力を得る
大切な時間です。

今回は、お仲間の発表があったりと
盛りだくさんで、朝から夕方まで
みっちり楽しく学びました。



かぁちゃんが犬の勉強を始めたのは
小麦の咬みに悩み
犬について学ばなければ
小麦をとても育てられないと
感じたからでした。

学びを進めていくと
かぁちゃんが問題だと感じていたことは
犬の成長において、当然のことだったり
かぁちゃん自身が問題を作っていたことに気づき、どう対応すれば良いかが
わかるようになりました。

また犬という動物がとことん平和主義で
安全な動物だということ。

叱ったり罰を与えなくても
穏やかな方法で伝えられること。

犬らしさを大切にすることや
犬にとって嬉しいものが
たくさんある暮らしが
犬の幸せに繋がっていること。

家族として仲良く暮らすためには
犬にとって飼い主さんが
どんな存在にならなければならないか…
などなど。

これまで学んだことは
日々の暮らしに溶け込んで
今の仲良く穏やかな暮らしに
繋がっています。


もし困った事がなかったひじきとだけ
暮らしていたなら
学ぶ必要はなかったか…といえば
そうは思いません。

犬について学ばなければ
ひじきの犬として素晴らしいところや
ぐんぐん伸ばしてあげたい
良いところに気づけなかったからです。

また学んでいたからこそ
大きな問題に発展する前に
対応する事が出来たし。

今は何もなくても
今後歳を重ねていけば
それなりに変化は出てくると思うのですが
その時にも何とかなると
自信に繋がっています。

かぁちゃんもそうなんですけど
何か問題が起きてからだと慌てちゃうし
冷静に対応ができなかったりしますよね。

前もって知っておくことで
出来ることは広がるなぁと。

できれば小麦を迎える前に
学んでおきたかったと、今でも思います。

もちろん犬を家族に迎えた後でも
問題が起きてからでも
いつからでも学ぶことに
遅いということはないです。

飼い主は、犬の一生を担うわけですから
犬について正しく学ぶことは必要だし
犬と楽しく仲良く暮らす
近道だと思いますよ!

なによりお勉強は楽しい♪


昨日もたくさんの学びを
得る事が出来ました。

自分と家族のための学びから一歩進んで
必要な人に届けられるように
さらに学ぶぞ!

えいえいおーーー!

夏目先生、ご一緒した皆さん
ありがとうございました♪

***


お留守番隊長のとぉちゃん。
コムさんのお尻拭きや
足拭きができたそうです。

おまけにクリッカーでカスタネットを叩く
練習もしたそうな!(驚)

小麦は天才やな〜!と、とぉちゃん。

距離が縮まっているような?
そうでもないような???

ぼちぼち、仲良くやりなはれ〜