週末は、盛りだくさんな
2日間を過ごしたかぁちゃんです。

24日土曜の午前中は、楽しみにしていた
青木愛弓先生の講演会に参加しました。

イヌとの暮らしを変える
『やさしい手を目指して』




青木先生の【動物の飼育管理のための応用行動分析学 基礎講座】を受講してから
毛むくじゃらたちの行動のなぜ?に
ずいぶんと気づけるようになりました。

小麦がかぁちゃんを咬むのも
ひじきが一時期ハーネスを着けようとすると
逃げていたのも…。

全てかぁちゃんの手が
やさしい手ではなかったからなんですよね。

かぁちゃんが与えた環境の中で暮らす
毛むくじゃらたち。
彼らは行動で、様々なことを
伝えてくれていますね。
本当に、ありがたいことです。


青木先生のお話は、
毎回かぁちゃんに自分を振り返り
変わるきっかけをくださいます。

特に今回は、小麦のお便秘事件で→
かぁちゃんの手が小麦にとって
やさしい手になれていなければ
きっとできなかっただろう
ということを経験したばかりだったので
青木先生の言葉の
一つ一つが身に沁みました。

小麦も色々とやらせてくれるようになり
咬まれることもほぼ
なくなってきたけれど…。

まだまだ足りないところを
たくさん気づかせていただきました。
かぁちゃんは、ガサツなので(^^;; 
気をつけないと。

こうして欲しいを伝えるときも
相手を鼓舞するように
細心の注意を払って提案しなければね!

だって楽しく暮らしたいから♪


また犬と暮らすことについて
改めて考える機会をいただきました。

毛むくじゃらたちとより良く暮らすために
(出稼ぎ先でもすごく役に立っています)

うんっとやさしい手を目指して
もっと自分を変えて行きたいし
学んで技術を磨くぞー!

という気持ちになりました。


講義をしてくださいました青木先生
このような機会を与えてくださった夏目先生
ご一緒したみなさん
ありがとうございました!


docdogさんでセミナーの
レポートが読めますよ♪

ハズバンダリートレーニングって何だ?



犬と家族として暮らす飼い主さんの手や
犬を取り巻く全ての人の手が
なぜ【やさしい手】でなければならないか。
ストンと腑に落ちますよ。

ぜひ、多くの方に青木先生のお話を
聞いていただきたいです。

犬を取り巻く全ての手が
やさしい手になりますように!