ストーブの半径2m内が生活圏(笑)

火曜日は寒い一日でしたね。

雪がチラつく小田原で
犬との暮らし方教室 に参加しました。

第3回目は
『犬のしつけの都市伝説』
というテーマでについて学びました。



犬のしつけや犬と人の関係について
巷で良く言われている事の中には
科学的に否定されているにもかかわらず
正しいこととして
流れている情報があるのですよね。

犬が問題行動を起こしたり
言うことを聞かないのは
犬が人(家族)のリーダーに
なろうとしているからとか。

犬を下にするしつけが必要であるとか。
服従させなくてはならないとか。

誰もが一度は聞いたことが
あるのではないでしょうか。

これらの考えを基にしたしつけは
犬に痛みや恐怖を与えるような
犬と人にとって厳しいものになり
関係を壊してしまうリスクがあります。

かぁちゃんはこれを
身をもって知りました。

犬が人の上に乗っても問題ナシ!

かぁちゃんの悩みは
小麦に咬まれることだったので
【犬 咬む しつけ】で検索したら
出てくるのはそんな情報ばかり。

こんな方法しかないのかと
愕然としました。

目の前にいる3ヶ月の子犬が
人の上に立とうとしているなんて
全く思えなかったのに。

早く直さないと…言う情報に焦り
そこに書かれていた方法を
小麦にやらかしました。(懺悔)

そしたら100倍返しの勢いで
咬まれたうえに( ̄∇ ̄)そのあと小麦は
2週間ほど寄り付かなくなりました。

今は、小麦が正しいとわかりますが
当時は犬について学んでおらず
本当に無知だったと反省してます。

ランチからのデザート。止まらない犬談議♪

あの時、もし犬について
学んでいたら…と、今も思います。

だから、犬を家族に迎えたら
迎える前が理想だけど
迎えてからずいぶん経っていても。

とにかく犬と暮らす人は
何よりもまずは
犬について正しく知ること。

それも最新の情報を常に得て
情報を更新していくことが大事だと
改めて思いました。

犬は争いごとを避け
とことん平和を好む動物で
決して危険な動物ではない。

ということを忘れずに
何かあったらいつもここに立ち戻って
しつけやトレーニングについてえれば
叱る必要がないことや
犬の上に立つ必要がないことが
わかるんじゃないかな。


可愛がるために
毎日をごきげん♪にするために
迎えた命なのだから。

しつけは犬も人も
楽しく暮らすためのもので
その方法も楽しくなくっちゃね〜

夏目先生がしつけ教室ではなく
犬との暮らし方教室】と名付けたのが
ストンと腑に落ちた3回連続講座でした!


今後も継続して開催されるようですよ。
ご興味がある方は、ぜひ!

夏目先生、ご一緒したみなさん
3週間ありがとうございました。

学校に通っていた頃みたいで
遠距離通学も楽しかったな♡