おメメしょぼしょぼ。 

2017.8.15
朝起きたら、
ひーさんが目ヤニたっぷりな顔で
おはよう〜!とやって来た。

目ヤニのせいであまり目も開かず…。
特に右目がショボショボしていました。
寝ている間にまた何か起こったのか?!
よみがえる過去の記憶… → 角膜にキズ

目ヤニを拭いてきれいにしたら
少しずつ目もぱっちりになって来たけど
充血と白目が腫れぼったいのが
気になったので病院へ行って来ました。


どうしても出稼ぎが休めなくて
帰宅して夕方に行ったのですが
その時はもうショボショボがなくて
普段とほぼ変わらない感じでした。

目に傷がないか
薬(ホラーな蛍光黄緑色のやつ)を目に入れ
光を当てて見てもらいましたが、
傷はありませんでした。

ホッとして、結膜炎とかですかね〜
なんて言ってたら
先生は右目が気になるようで
何度も見ていました。

この後、眼底に出血がないか
さらに検査をしたのですが
出血はありませんでした。

ですが、右目が気になると先生。
水晶体に線状の混濁部分があって
白内障のモヤモヤとは
また違う感じだというのです。

かぁちゃんも見せてもらいましたが
線状のものが確認できました。

点眼をして様子を見る…ということも
一つの選択肢としてあるのですが、
先生と相談して眼科が得意な病院で
一度診てもらうことにしました。

診てもらって何でもなければ
それでヨシ!ですからね。

お隣さんから頂いたニガウリをかじるひじき。
苦くないのかね〜⁇

この日もひーさんは安定の
落ち着きっぷりでした。

検査の時に担当してくれたのが
ひじきを保定するのがはじめての
看護師さんだったのですが
えらく感心していました。

またレンズをかなり目に近づけて
検査したそうなのですが、
『近づけても全く動じないんですね〜』
と、先生もおどろいていました。

レンズ…( ̄▽ ̄)
かぁちゃんの趣味にお付き合いで
ひーさんは、見飽きてるものね。

かぁちゃんが毎日何度も
カメラを向けていたのが
役に立つ日が来るなんて。(違)

*ただカメラを向けるのではなくて
カメラを良いものにする取り組みは
ずっと続けているんですよ〜♪

また嫌がる時は向けない
ということも決めています。

ひーさん、よく頑張りました!

紹介していただいた
眼科に詳しい病院の予約が取れたので
今月末に行ってきます。

それまで毎日点眼をして様子見です。

さぁさぁ、
これまで学んだことを駆使して
腕の見せ所ですよ!

ひーさんが

目薬もっとさして〜♪♪♪

と、思ってくれるように
あの手この手を考えるのが
とても楽しいかぁちゃんです。

とびっきりのお肉を買ってこよう〜


********

病院での受診をはじめ
毎日の歯磨きや爪切りなどのお手入れ、
投薬などなど。
ハーネス着けたり洋服着たりも含まれるかな。

毎日の暮らしで必要なケアを犬を
押さえつけたりして無理やり行うのは
お互い負担ですよね。

犬に協力してもらいながら、
様々なことを負担なく行うための
トレーニング。

ハズバンダリートレーニング

をご存知ですか?

チャーリードッグスクール主催
青木愛弓先生による
ハズバンダリートレーニング




動物との日常生活で活かせる
大きな学びが得られますよ!