2017.8.11
三連休の初日は、
夏目先生による
【ドッグフレンドリープログラム】
に参加しました。
前回の記事はコチラ→

【ドッグフレンドリー】という言葉を
聞いたことはありますか?
あまり聞き慣れない言葉ですよね。

一方【キャットフレンドリー】
という言葉は
よく耳にしますよね。

警戒心が強くて、
変化を嫌う動物である猫が
しあわせな一生を過ごせるように…と
さまざまな配慮がなされた
キャットフレンドリークリニックはどんどん増えていますし。
クリニックについては国際基準があって、この流れは世界中に広がっているそうです。

では、犬はどうでしょうか? 

猫と犬は違うという意見も聞きますが
程度の差はあれど、
犬だって警戒心はあるし、
初めての事や変化は苦手な動物だから
猫と同じように
犬のことを正しく理解して配慮する
【ドッグフレンドリー】は
必要だと思います。


ドッグフレンドリープログラムでは
犬という動物を学び、
正しく理解して
とことん犬目線の
犬にやさしい接し方をはじめ
犬との暮らし全般にわたって飼い主が担う大切なことを学びます。

このドッグフレンドリーが基礎にあるかないかで、リードの使い方ひとつとっても全く違うものになってくるんですよね。

例えばしつけ。
しつけは叱ることだと思っている方が多いかもしれませんが、ドッグフレンドリーなしつけは一切叱りません。

犬がなぜその行動をするのかな?を考えて、環境を整えたり、犬がその行動をしなくても良いように人が変わります。

自分を変えるのって、時にはなかなか
しんどい事だったりしますけど
人が犬を思いやれなかったり
配慮不足から起きている
問題が多いという事実を知ったら、
もう変わるべきは人でしょ!
って思いませんか?

それに犬も大切な家族ですから
思いやることは大事ではないかな。


かぁちゃんは
ガブガブ咬む小麦も
手がかからないひじきも
保護した猫ズも
ドッグフレンドリーな犬育てを
学びながら育ててきました。

勉強不足から、
配慮が足りなかったなぁと
反省する点も多々ありますが
(コムさんにはよく注意されました^_^;
ドッグフレンドリーな犬育てをしてきて、今とても仲良く暮らせていると思っています。

あれだけ咬んでいたコムさんと
咬むことなく暮らせているのは
ドッグフレンドリーな取り組みのおかげ。

咬む犬が悪いと罰を与えるのではなくて
咬みが出やすいナイーブな仔にこそ優しくドッグフレンドリーであらねばと強く感じます。

親切な接し方ができるように
まだまだ修業中ですけどね。
犬たちともっとうんと仲良くなりたいし彼らのことを理解し味方でありたいから
これからも努力していきますよ!


可愛がるために家族に迎えたのに
ガミガミ叱ってばかりとか
こんなはずじゃなかったのに…とか
もっと仲良く暮らしたい
なんて思っている人がいたらぜひドッグフレンドリーな犬育てを学んでみてほしいです。

犬にも人にもやさしくて
心があたたまる
そんな犬育てを一緒に学びませんか?

↓↓↓