2017.7.11
昨日は、コムさん東大生の日でした。
またあっちゅう間に2か月が経ってしまった(汗)

まだ梅雨明けしていないのに、連日のこの暑さは堪えますね。

いつも診察の前にキャンパス内をお散歩するのですが
昨日はお気に入りの木陰のコースも暑くてとても歩けたもんじゃない。

小麦は歩く気満々だったのですけど(^_^;)
早々に、待合室に入りました。

首を冷やすだけじゃ足りなくて、
すぐに胸と両脇も冷やす金太郎スタイルにお着替えしました。

さて、この2ヶ月の小麦はどうだったかというと・・・。

6月末の梅雨らしく雨が続いた時に、夕方に唸って暴れしました。
大暴れしなくなってきたんですよ~
そのあと様々なもの(音など)にとても敏感になってしまって
24時過ぎまで寝つけませんでした。
発作はこの1回のみ。

あとは電気を消してみんなが寝静まった頃に、唸り出すことが7回。
でも声をかければしっかりと反応が返って来るし、
唸るのもすぐ止まるので、発作ではない感じ。

唸った7回の内、5回が気圧が大きく上がったり下がったりしている時でした。
やっぱり小麦が唸ったり敏感になったり攻撃的な時って
気圧と関係していると感じます。

発作のあと翌日までごきげん♪ナナメが続いたぐらいで、
梅雨の割にはおおむね穏やかに過ごせたんじゃないかな。

気圧の変化がある日は、いつもより構う時間を長くしたりたっぷり遊んだり
アイス食べたりと対策をしていますが、年々耐性ができているように感じます。

先日の台風の日も、寝てやり過ごすことができましたよ!

会うと必ずお話するオモシロイおじちゃん。
大型犬用の一番大きな器に、大盛りのお水を用意してくれたよ。

今でこそ発作やごきげん♪ナナメの小麦に適切な対応ができていますが、はじめから上手に対応できていたわけではなくて、小麦がてんかんと診断されてからこれまで、
投薬治療と併せてどう対応するのが小麦にとって一番よいのか試行錯誤を繰り返してきました。

また小麦をリラックスに導く取り組みや、自信をつける取組み。
嬉しいものをたくさん作る取り組みなどを毎日重ねてきました。
そのなかでかぁちゃんにも小麦にも、発作やごきげん♪ナナメを乗り越えるチカラが少しずつついてきました。

病院でたまたま会ってお話したり、
ブログを読んでくださったてんかん犬と暮らす飼い主さんから
メールをいただいて、毎日の大変さをお聞きすることがあります。

このブログも小麦とてんかんのカテゴリの記事を読まれることが多いので、
大変な思いで毎日を過ごしている人も少なくないのでしょうね。

わが家も診断されてから薬の適量が見つかってしばらくは、本当に大変で
落ち着いて暮らせる日が来るとは、全く思えませんでした。

でも穏やかに過ごせるようになる日はきっと来るから
諦めずに頑張ってほしい。
充分に頑張ってるだろうけど・・・粘ってほしいなと思います。

応援することしかできないけれど、
小麦の今の穏やかな暮らしぶりが、エールになるといいな。


今回も血液検査をしてもらいました。

検査のためにお預けする時に、久しぶりに あべぇ~ 
と一鳴きしましたが、検査は無事終了。

結果は心配していた肝臓の数値が、薬を減らしたお陰でさらに下がりました。
やっぱり肝臓にダメージを与えるお薬なのねぇ・・・。
と、ちょっぴりションボリしてしまったのですが、
小麦にとって【今】が一番大事ですからね。
まだまだ正常の範囲内だし、気を取り直して肝臓のケアをしっかりしていこう!

発作もしっかりコントロールできているし、肝臓も良好!
このままをキープしたいですねと先生。
お薬の量はそのままで、また2か月過ごすことになりました。


これまでずっと診てくださっていた先生が先月で退職されて
今回からハジメマシテの先生にバトンタッチでドキドキだったのですが
かぁちゃんの話をしっかり聞いてくださるし、
小麦のことも丁寧に診てくださるので、ホッとしました。
安心して小麦をお任せできるので、これから長くお世話になりそうです。

今回も、コムさん良く頑張りました!
次の2ヶ月も穏やかに過ごせますように〜♪