2017.5.28
昨日は、朝一でひじきの病院へ行ってきました。

毎年フィラリアの検査と一緒に、簡単な血液検査をお願いしています。
今年はコムひじ揃って、肝臓の数値が少し高い結果が出ました。

小麦はその後、東大で検査 して数値が落ち着いていることが確認できました。

コムひじ揃って高くなっているので、おそらく食事の影響だろうということで
少し気を付けて生活していました。

そして、昨日ひじきが受けた再検査の結果は・・・。


なんと!数値が上がってた!!!

あらららら。予想外の結果でした。
小麦が下がっていたので、
ひじきも下がっているだろうと思い込んでいたんですよね。

でも+10なので、誤差の範囲でもあるそう。
念のため簡単なエコー検査もしてもらいましたが
どこにも悪い所は見つからず、とてもきれいな内臓でした。

さらに詳しい検査が必要な数値ではないし、
結果からしてやはり食べ物の影響でしょうとのこと。

引き続きごはんやおやつに気を付けながら過ごすことにします。


そして、後ろ足のオハゲに塗るお薬をもらいました。
去年の夏頃から寝る前の足なめが執拗で、
なめすぎてタコになってしまいました。

こちらも病気ではないか?にはじまり色々と原因を探って対応しているのですが
良くなったり、オハゲが広がったりを繰り返しています。

舐めなければ治るんですよね。
なめる場所が少しずつ移動していて、
なめなくなったところは普通に戻っています。

エリカラをして舐めないようにしていた時期もあるのですが、
舐められないストレスからか?立て続けに誤飲事件がおきまして・・・。
(飼い主の管理不足なのですが、エリカラをやめて以来、誤飲は起きていません)

エリカラ以外の対策を模索しています。
舐めすぎて傷ができてしまったので、お薬で傷を治しつつ
舐める行動への介入をしていこう。


ひじきも7歳ですからね。
ライフステージに合わせて変えていかないといけないことが
これから色々と出てくるんだろうな。

ひじきのこころや体や行動の変化を見逃さないように見守って
柔軟に対応していこう。

何歳になっても、病気があってもなくても
ごきげん♪な毎日を過ごす!のが、小麦家のモットーです。


ひじきの病院の後は、飼い主のみコメダでブランチ♪
デザートまで食べるぞー!と毎回意気込んでいくのに、到達できず。
今度はデザートのみ食べに行こうっと。

毛むくじゃらたちのためにも、まずは飼い主が元気でいないとね。

去年は暑さにやられてバテバテだったので
今年の夏は食欲を落とさないことが目標です。