2017.4.15
チャーリードッグスクール の つくばお散歩トレーニング に参加しました。
桜がとっても美しかったー!

つくばといえば…。
 
大暴れする怪獣小麦を抱えたまま2時間(笑)歩いた思い出があります。
それも、今となっては良い思い出♪
その時のブログはコチラ→  

あの頃と比べると、小麦は大きく成長をしてくれましたよ。
 

感情の起伏が激しくて、楽しくても嬉しくても怒っても悲しくても。
過度に興奮してガブガブする小麦。
特に一度興奮のスイッチが入ると、なかなか切れないというのが課題でした。

まずはスイッチを切れるように。
そしてスイッチを入れないように。

CDSのメソッド【名前を呼んでおやつ】を基本に、小麦の高ぶった感情をなだめてリラックスに導くものをたくさん作る取り組みを小麦と一緒にコツコツ積み重ねてきました。


今は怪獣になることはほとんどなく、どんな時にもかぁちゃんの声が届くようになりました。
かぁちゃんが声をかけただけで、パッと気持ちが切り替わることも増えたのですよ。

ガブガブの時だけでなく、発作の前後も早く落ち着きに導けるようになりました。 
てんかんと診断された時から目指していたことなので、これはとても嬉しい変化です。

コツコツ積み重ねてきたものは裏切らないですね!


この日も自己紹介ぐらいまでは興奮気味だったのですけど、次第にリラックスしていきました。
時々、とぉちゃんやとぉちゃんと間違って←スミマセン( ̄▽ ̄) 吠えたりはありましたけど。
ガブガブにならなかったのでヨシ!としよう。
それ以外は、ごきげん♪さんだった〜

かぁちゃんのリードワークが、最重要課題だということがよく分かりました。
ママさんのお話にもありましたが、犬についての困りごとのほとんどは、人が作ったものなんですよね。やはり自分を改めなければ。そのためにも学ぶことは大事!ですね。


CDSでお世話になり始めて、来月で丸7年になります。

お散歩トレーニングに参加して、コムひじをはじめお仲間さんの成長をずっと見させていただきました。
犬にとって心地よい環境を整えリラックスに導くことで、特に何かをさせることをしなくても、犬たちは様々なことを楽しく学んでいきますね。
年齢相応のハッチャケはあっても、どの子も次第に落ち着いていきます。

犬のしつけや教育?!といって罰や叱りを与えて言うことをきかすような方法が取られることがまだまだ多いと見聞きします。
ですが罰や叱りを与えていては成長は望めなくて、リラックスした状態でしか成長は促されないのではないかなと、みんなと歩き続けてきて思うのです。


目の前に広がるこの優しくて穏やかなお散歩トレーニングの光景が
犬の世界で当たり前になることを願います。
そのために、かぁちゃんは頑張りたい。


チャーリーママさん、幹事のジャムら母さん、ご一緒したみなさん
心あたたまる学びの時間をありがとうございました。