7年前の今日、小麦がわが家にやって来ました。

衝撃の(笑)お迎え初日から・・・早いもので7年。
いつまでもパピーのような感じがしていた小麦も、ぐっと大人になって
落ち着いたなぁと感じることが多くなりました。 



とにかく必死で小麦を育てていたお迎えからの3年半。
思春期が落ち着いて、ひと山越えた感じがした4年目。
そこからグングン成長を見せてくれて迎えた6年目。

チャーリードッグスクール にお世話になりはじめた当初から
『6歳でおりこうさんを目指す!』と取り組んできただけあって、
とても落ち着いた毎日が過ごせました。
小麦を迎えてから、一番穏やかな1年だったのではないかしら?!

とは言っても、小麦との暮らしに何もないわけがなくて(^_^;)
この一年もなんやかんやとありました。
かぁちゃんに免疫ができて
もう多少のことでは動じなくなったから、そう感じるのかもしれません。

この7年間で、少しは肝っ玉かぁちゃんになれたかな。 
 

ふり返ってみると、ワンコと暮らしていても
なかなか経験できないことをたくさん経験させてくれましたね。
小麦にとっては、紆余曲折で平穏な犬生ではなかったでしょう。

それでもひとつ、ひとつ。
至らないかぁちゃんと一緒に乗り越えてくれた小麦に、感謝しています。

色々あったおかげで、かぁちゃんにとって小麦は
共に試練を乗り越え頑張った、大切な相棒となっています。

いまだに時々、めたんこ怒られるけど( ̄∇ ̄)
随分ツーカーの仲になれてきたよね? 


迎えた初日から血が出るほど咬む仔と、どうすれば仲良くなれるのか。
病気をはじめ、変えられない状況やその時々で精いっぱいの環境の中で
より良く暮らすためには、どうすれば良いのか。

小麦を育てながら、犬という動物を学んで、知って。
お互いが歩み寄ることで仲良く暮らせることを知りました。

種が違う動物の【らしさ】を損なわず、どちらかが我慢するのではなくて、
お互いがシアワセを感じられるような
家族それぞれに合った仲良いカタチを模索し続けた7年間。 

そこから得られたものは、かぁちゃんの宝物になっています。

犬について学ばなければ、今の暮らしはなかったでしょう。
これからも学ぶことや、犬と家族として暮らすことについて考えることは、
ずーっとずっと続けていくつもりです。 

image

小麦はいつも、かぁちゃんをより良い方向へ導いてくれるね。

小麦に導かれて、暮らし始めた頃には思ってもみなかった
素敵な今があるよ。

かぁちゃんを信じて、好きでいてくれてありがとう。
かぁちゃんの道しるべになってくれてありがとう。


いつも、どんな時も、ごきげん♪でいてね。
かぁちゃんが精いっぱいサポートするから。

迎えた日から変わらず、小麦の笑顔がかぁちゃんのしあわせだから。

うちの子になってくれてありがとう!
次の一年も、楽しくやろうじゃないの〜♪

*********

小麦のうちの子記念日ということは…。

image


今日は、とぉちゃんの誕生日
もうめでたい歳ではないけどね〜と言ってるけど
おめでとう!

Wでめでたい日の記念に、とぉちゃんの野望を叶えに行ってきます。
さーて、どうなることやら…笑

楽しんできます♪