昨日はとぉちゃんとかぁちゃんと小麦で、新横浜公園へ。
チャーリードッグスクール の 横浜お散歩トレーニング に参加しました。

いつも家族全員で参加しているのですが、昨日はとぉちゃんと小麦と試してみたい
取り組みがあったので、ひじきにはお留守番をしてもらいました。

ひじきがわが家にやって来るまでは、1匹+2人で参加してたんですよね。
パピーの頃みたいで、なんだか懐かしかったな。

集合場所から移動している途中から、風に乗って漂うとぉちゃんの匂いをキャッチ。
とぉちゃんを探しはじめて、落ち着かなくなりました。
その都度、草の上にオヤツをばら撒いてノーズワークをしたり、
マグネットをして落ち着きを取り戻していました。

が、とぉちゃんの姿を見つけると、突進してギャンギャン。
こちらの声は、全く届きません。

そんな小麦をママさんはリードワークでいとも簡単に足元に呼び寄せます。
かぁちゃんはと言うと・・・。
昨日は殆どリードをゆるめることができませんでした。
その場に留めようとして、引っ張り過ぎていました。

かぁちゃんの引っ張りが、小麦のとぉちゃんへの執着を煽っていたと思います。
そして小麦を怪獣にさせる結果になりました。


リードが緩められないなら、方向転換させたり
気持ちを切り替えられるように 、もっと自分が動くべきでした。

また行動を止めて、その場で落ち着かせようとばかりしていました。
もちろんそれができれば良いのですが・・・。
昨日の小麦にはそれはハードルが高かった。

ママさんからアドバイスを受けて小麦を走らせてみたら、少しずつ落ち着きました。
小麦はまだまだ動きながらの方が落ち着くんですね。
落ち着くのであれば、動くのもアリ。
目的を見失わないようにしなくちゃ。

小麦の様子を見ながら、その時々に適切なものを与えられるようになりたい。
何年小麦のかぁちゃんをやってるんだか・・・・と、反省しました。


面白かったのが、ママさんの足元に戻って来ても
わざわざかぁちゃんのところにやって来て、八つ当たりをすること。

どんなにギャンギャン吠えてパニックみたいになっていても
ちゃんと弁えているんですね。
自分で判断ができるぐらい、冷静であることが良くわかりました。

冷静さが残ってると言うことは、声が届くようになるってことですから。
伸びしろアリアリってことで、これからが楽しみになりました。


この日やってみたかった取り組みは、1月のリードワークの時にアドバイスを頂いた
【コムさんのリードをとぉちゃんも持ってみよう!作戦】

 1回戦目はとぉちゃんと事前に作戦会議をしたのに、旨が伝わっておらず失敗。
2回戦目はかなり良い感じで歩けました。
 
小麦は10メートル離れてたら気にならないみたいです。
とぉちゃんもリードを持ってることに気付かず、ごきげん♪に歩くコムさん。

前を見れば、小麦がお尻からおんぷ♪♪♪出してるし。


後ろを見れば、とぉちゃんがバレないように頑張ってリードをさばいてるし。


それがなんだか可笑しくて、クスクス笑いながら歩いていました。

傍から見たら、『何やってるの?!』って見えるかもしれないけれど
本人(&犬)達は、至ってまじめに取り組み中です。

こういうことができるのも、お散歩トレーニングだから。
ママさんが中心となって整えられた場で、お仲間に肩を貸してもらって、
さまざまな取り組みができるのは、本当にありがたいことです。
いつもありがとうございます。 

良い感じで歩けることがわかったので、
また機会を見てこの取り組みを繰り返し続けてみよう。


何度も小麦を怪獣にさせちゃったけど、以前のように2時間の
散トレの間中、怪獣になりっぱなしということはないし、
復活するまでの時間はどんどん短くなっているのですよ。

毎日の暮らしの中でも、落ち着いたなと感じることが多くなりました。 
 
最後はごきげん♪なコムさんの笑顔が見れたし
たくさんの気づきと課題を得られたお散歩トレーニングでした。

チャーリーママさん、幹事のSamiさん、ご一緒したみなさん
楽しい学びの時間をありがとうございました♪ 


*********


帰宅後はお留守番をしていてくれたひーさんと
キャンピングカーショウ に行ってきました。

とぉちゃんの野望を叶えるために、小麦家一丸となって頑張ろう!
えいえいおーーーーーーー!!