お正月飾りが落ちている原因は、やっぱりかのこさんでした!

こむひじはもちろん、かのこのが届かないところを選んで飾ったつもりだったんですけど・・・。
出し入れできる爪の長さを考慮していませんでした。

とても器用に爪の先っちょを引っかけて落としているのを感心しながら見ていました。
 
猫さんと暮らしていると、飾って楽しむ場所が限られますよね。
わが家もあちこちに飾ってあった雑貨のほとんどを仕舞いました。
ちょっぴりさびしい気もしたけど、
それでお互いが安全に暮らしやすくなるなら全然苦じゃないです。
むしろお部屋がスッキリとして気持ちいい。


話は変わって・・・。
昨日、帰宅したとぉちゃんが玄関を開けた時に、
出迎えてくれたかのこが、足の間をスルリと抜けて庭に出てしまいました。 

かのこととぉちゃんが庭に居るのを知らずに
かぁちゃんがそこへこむひじを放牧してしまったからさあ大変! 

ひゃっほーーー!と庭を走るかのこ。
小麦の姿を見て、ウッドデッキの上に避難するとぉちゃん。 
とぉちゃんに走り寄るこむひじ。

目の前で繰り広げられる光景に、一瞬めまいがしたわー。(笑)

すぐに気を取り直して、落ち着いて、まずは小麦のそばに行って
『お家に入るよ~』とついて歩いてもらいました。
何度かとぉちゃんに気を引かれつつも、ちゃんとついて歩いてくれました。

小麦と歩きながら、家の裏側に走って行こうとするかのこを呼びました。

『かのちゃん、おいでー♪』 
 

ごろ~ん

すると、てけてけてけとかぁちゃんの足元にやって来るではないですか!
  足元で寝転がるかのこを抱っこして、無事確保することができました。

あああああああ、良かった!

今回のハプニングでは、とぉちゃんが居てもかぁちゃんについてきてくれた小麦もですが
走っているかのこにかぁちゃんの声が届いたことにビックリ。
正直、そのままどこかへ行ってしまうと思いました。(汗)

かぁちゃんは CDS で学んでいる動物福祉に沿った叱らない方法で
小麦とひじきと同じように、猫のみぞれもかのこも育ててきました。

その中でも大切にしている『名前を呼んでおやつ♪』という
何かをさせるのではなく、名前をうれしいものにする取り組みを保護した当日から続けてきて
かのこの中で名前が、そしてかぁちゃんが、
着実にうれしいものになっていってるなと感じられて嬉しかったです。

これからも心を込めて名前を呼んでいこう。

それと今回の反省を踏まえて、玄関から出ちゃわない対策をさらに強化せねば・・・。
みなさんどんな対策をされているのでしょうか?


パソコンを開くとキーボードの上を歩いたり、寝転んだり。
邪魔しかしなかったかのこさん。
最近はパソコンの上に乗らないでお膝の上に座っていてねとか、
折りたたんだ毛布の上に座っていてねが伝わるようになりました。

かのこと暮らしはじめて1年が過ぎて、少しずつ伝わることが増えてきました。
またかぁちゃんも、かのこのことが色々わかるようになってきて嬉しい限り。

こうやって少しずつお互い理解を深めて、仲良く家族になっていくことが
種が違う動物と暮らす醍醐味のひとつかなと思います。


今日からとぉちゃんの仕事も始まり、小麦家は通常運転です。

お正月感が全くない年末年始でしたが、
ハプニングはありつつも家族が健やかに安全第一で過ごせて良い年越しでした。