昨日は、病院三昧の一日でした。

まずは小麦の東大へ。
この2か月もあっという間で、ビックリです。



2015.8.18~10.19
この2か月の間は、手術に入院と発作を心配する出来事がありましたが、
とても穏やかに過ごすことができました。

抜糸をした翌日、おやつを食べていたら突然顎が揺れ出して、(3秒ほどで止まりました)
その夜中1時ごろに重低音で唸り出したので、これは久々に大暴れが来るかもと
安全確保して、動画を撮る準備をして待っていたのですが、
ヨーグルトを食べさせたらそのままコテーンと寝ちゃいました。

気になる出来事は、この1日のみでした。



昨日は、血液検査の項目を多めにしてもらいました。

どの項目も心配のない値だったし、また血中濃度も良い数字でホッと一安心。
発作もコントロールできているし、いい感じです。

このままいけば・・・と、嬉しいお話も先生からありました。
むふふー。


頑張ったご褒美は、リンゴジュース♪

今回からまた担当の先生が変わりまして、小麦の取説を伝えました。
通いはじめた頃は、4か月ごとに担当の先生が変わることに不安や戸惑いがありましたが
小麦の取説やこれまでの経緯を伝える機会をたくさん得られて、今はよかったと思っています。

小麦と安全に暮らすには、まわりの方たちに協力してもらうことが多くて、
そのためには、かぁちゃんが伝えられることが大事になってきますからね・・・。

たくさん声をかけてもらえるようにお願いし、声をかけていただいているので
念のためエリカラはしてますが、今回もとってもおりこうさんに検査を受けたそうです。

小麦が辛抱強くなっていることもあると思います。
先月の手術一連の出来事といい、近頃の小麦の辛抱強さは感動モノです。

【辛抱】は、小麦との取り組みの中核と言っても良いぐらい。
ずっとずっと考え、取り組んできたことですから。

小麦は、本当に成長したなぁ・・・と感心して帰宅したのでした。

こむさん、昨日もハナマルちゃんでした!
次の2か月も、穏やかな日々が過ごせますように!!



帰宅して、お昼ご飯を食べて、つかの間の休憩・・・。
と言うわけにはいかず。

お留守番で退屈しているシャム猫風ギャングとたんまり遊んで、午後の診察に向いました。

・・・・つづく。