昨日、予定通り ひじきが退院 してきました。

退院1

お迎えに行くと、ルンルン♪で出てきましたよ~。

ひじき、おつかれさまー。
抱き上げると、お得意の鼻カミカミ攻撃にあいました。ウレシイ。
↓↓↓
ひじきが退院の準備をしている間、先生から術前検査結果の説明がありました。
全ての項目をひとつずつ。それはそれは丁寧でわかりやすい説明でした。

退院4

心配していた不整脈ですが、呼吸と連動した物で普段の生活には全く問題ないのですが、
麻酔下の深い眠りの時に、呼吸性ではない不整脈が起こったそうです。
なので、ひじきは麻酔をするときには注意が必要であることがわかりました。

また、のどにチューブを通すときに軟口蓋もチェックしてくださったのですが、
今は全く問題がないのですがどちらかと言えば長めで、成長と共に伸びる子もいるので、
今後よく観察しておいてくださいとのことでした。

検査結果に気になる点はなく、上記のことも可能性があるだけで

今すぐ治療というわけではないので すこぶる健康!! です。
一応記録として書きましたが、ご心配なく [emoji:v-222]
こうして実際数値で見ると、安心しますね。

退院2

抜歯した乳歯2本です。
ひじきはほとんど飲んじゃって、一個しか手元になかったからうれしい。

退院3

想像していたより小さかった傷口。やっぱり痛々しいなぁ。

退院7

舐めるといけないので洋服を着せて、サークルへ。
これから少なくとも4日間は安静です。抜糸までお散歩も少しだけ。
なのに帰ってきたうれしさから、サークル越しに小麦にガウガウをしかけます。

痛みがあるのかが一番心配だったのですが、手術の翌日にはもう痛みがないようで、
迎えに行くまで、他の入院ワンコの面会に来ていた飼い主サンたちに
『私もなでてー』と愛嬌を振りまいていたそうです。(看護士さん談)

退院5

小麦もひじきのおもちゃで遊ぼうとするし、遊びも仕掛けるし・・・。
しばらく目が離せませんね。

退院6

ごはんを食べ排泄を済ませたら、落ち着いてすぐにウトウトしてました。
たった一晩だけど、寂しかったのでしょうね。
かぁちゃんの姿が見えなくなると、キュンキュン鳴き出します。

退院8

ひじきが鳴くと、駆けつける小麦。わざわざサークルの側で遊ぶし、

退院9

かぁちゃんが隣の部屋に行っても、ひじきのそばから離れないし。←コレ、すごいことです!

正直なところ、今まで仲がいいのか悪いのかイマイチわからなかったんだけど
キライではないみたいね。仲間意識は、しっかりあるみたい。

会えない時間が、愛を育んだとか???

やっぱり家族は、全員揃ってるのがイチバンですね。
ひじきが居ないだけで、部屋がスッゴク広く感じました。狭っい部屋なのにねー。