横浜散トレ、第2幕 です。



解散後に待っているのは・・・。
↓↓↓
トイレ・レッスン。

『かぁちゃんは、必ず帰ってくる。』 と、安心して待っていられるようになるまで
コツコツ続けようと頑張っていました。

それが小麦には、悪い印象を与え続けることになっていたようです。

c3.jpg

小麦は 『トイレ』 という言葉をしっかり覚えていて
聞いた途端、目つきが変わります。
そして飛びつき始めて・・・ガブガブが出てきます。

この日は、とぉちゃんが先にトイレに行きました。
だいぶん離れたところでママさん達とお話ししていたのに、
トイレに行ったとぉちゃんを小麦は見逃しませんでした。

そこから飛びつきだして、ホールドすると、
はじめは『あべべべべ・・・』と鳴いていたのですが
次第にギャン吠えがはじまりました。

c2.jpg

とぉちゃんがトイレから出てくると、今度はとぉちゃんに向かって
飛びつき、ガブガブしようとします。
それを止めると、ギャン吠えが再び始まり、どんどんエスカレートしていきました。
もちろん、怪獣化。

これは分離不安ではなく、自己主張の行動です。

色々試しても、なかなか落ち着きませんでした。
そんな小麦を置いて、かぁちゃんがトイレに行くのは難しかったので
小麦を連れて、一緒に入りました。

c5.jpg

トイレにいる間、随分落ち着いているように見えたのですが
トイレから出てとぉちゃんを見たら、またまたスイッチ・オン!

走ったり、ママさんからおやつをもらったり、
とぉちゃんの姿を見えなくしても、何をしても全くダメ。

とぉちゃんに、執着。とぉちゃんのことしか頭にない。
もちろんかぁちゃんの声なんか、届きません。

c4.jpg

結局、気持ちを切り替えることができないまま
この状態を駐車場まで引きずったのでした。

ママさんにアドバイスをいただいて、小麦の場合は、
慣らすよりも、嫌悪刺激は出来るだけ排除する方向で取り組むことにしました。

なのでトイレ・レッスンは、中止 します。
自然に待てる日が来るまで、ゆっくり待つことにします。

c7.jpg

『トイレ』 と同じ事が、 『財布を出す』 という行動でも起こります。
出先での買い食いなんかで強化しちゃったんだろうな。

こちらの取り組みは、ユーモラスに。

財布に、馬肉コイン を仕込んでおいて・・・。

c8.jpg

財布から、馬肉が出てくる!

三角の目で飛びついていた小麦が、馬肉を見た途端、目をまん丸くしてました。
飛びつきも、喜びの舞いに変わりました。

c6.jpg

あとは普段もパニクった時も、いつでもこの人になら抱かれたいと思ってもらえるよう
絆を深める努力をしていこう。

小麦の 抱かれたい女 NO,1 を目指して・・・。