チャーリーママさん 5回目の座学 

に行って来ました!



2匹連れと言うことは・・・。
↓↓↓
4zaga2.jpg

有休を取ったとぉちゃんも一緒です。

今回のテーマが 犬との接し方 ということで、
とぉちゃん自ら参加すると言ってくれました。

無理矢理言わせたのでも、目力使ったのでもありませんよ~(笑)

4zaga7.jpg
教科書を枕にして寝る小麦。高校時代のかぁちゃんそっくり。

昨日は、ご機嫌ナナメだった小麦。
家からたった30分の移動もお気に召さなかったらしく、
バスでも電車でもずーっとグズッてました。
久しぶりに、なだめすかし続けての移動。
暑さも手伝って、疲労困憊で会場に到着しました。

4zaga3.jpg
ひじきへのインターセプトが上手くできなくてゴメンネ、ととちゃん。

気を取り直してお勉強。
インターセプトや接触走性、リード使いのお話の後、
この日のメインである、犬との接し方=保定のお話がありました。

かぁちゃんの中にあった犬との接し方の常識(だと思っていた物)を
とことん覆してくれた小麦。
おかげで勉強することができて、今では感謝の気持ちでいっぱいですが、
当初は・・・お先真っ暗(笑)でした。

今でもお手入れとか、できないことは多いけど
その頃に比べれば、ずいぶんできることが増えました。

4zaga4.jpg

ママさんのトレーニングは、基本的なことはありますがマニュアルはありません。

特に飼い始めの頃や問題が出始めた頃は、どうすればいいのかもわからないし
細かい指示=マニュアル的な物に頼ってしまう気持ちは良くわかるのですが。

ワンコの性格もそれぞれ。マニュアルひとつでくくれないことの方が多い。

どんなに効果があるといわれる方法でも、
何か違うと感じたら一瞬立ち止まって考えることが大切。 Byチャーリーママ

座学でも、あなたはどうしますか?と何度も問題提起。
自分の頭を使って考えるので、しっかりと残ります。

4zaga5.jpg

まずはその子の性格をシッカリと見極めて、その子にあった対応をする。
種が違うワンコを人に合わせ過ぎない。

そのためには、人が歩み寄ること。

人同士でもそうですよね。
相手を変えるより、自分を変えることの方が簡単にできませんか?

4zaga6.jpg

昨日もピッカーンがいっぱいな、実りのある時間でした。

とぉちゃんもピッカーンときたようで、『やっとわかった。』と言ってました。
今後のリード使い、2匹とのお付き合いがどう変化していくのか楽しみです。

ご一緒したみなさま、ありがとうございました。