夜ごはんを食べ終わった後、ベッドに入るまでの間に。

小麦家では おさわりタイム があります。



抱くのもやっと、体を触るなんてとんでもない!!だったチビッコ 怪獣 小麦。
触られることに平気になって欲しいと、
スキンシップを兼ねて、毎日少しずつ触れていたのがはじまりです。
↓↓↓
こちらが緊張したり余裕がなかったすると、すぐに小麦に伝わるので
飼い主も穏やかでのんびりとできる、この時間がお決まりになりました。

はじめは、タッチするのがやっとだった小麦も、今では・・・。

burasi2.jpg

ブラッシングが 平気 。 いえ、 大好き♪ なまでになりました。

burasi3.jpg

ブラッシングを始めると、すぐに ごろーん とひっくりかえります。

気持ちいいらしく、うっとり とします。

burasi4.jpg

イヤなところに触れたら、口を ぱっかーん と開けますが、それだけ。
歯をあてることも、バタバタと抵抗することもしません。
かなりの進歩でしょ?!

特に首回りをされるのが大好きで、もっと・もっとと背中をスリ寄せてきます。
『はい、終わり。』 と言っても、しばらくこのまま寝ころんでいます。

burasi5.jpg

お次は、ひじき。
ひじきさんは、わが家にやって来たときから既に何されても平気です。
これも育ての母上様のおかげですね。感謝♪

小麦に比べたら、かなり大雑把に扱われても平気なタイプ。
ですがそれに甘んじてしまわによう、丁寧に接する事を心がけています。

burasi6.jpg
かゆいところにビンゴすると、歯をムキッとさせて目を細めます。

たっぷりと おさわり をした後、満足した2匹は眠りにつきます。
こうして、小麦家の夜は更けていくのでした・・・。