小麦と東大受診に行ってきました。



黄金色の銀杏の木々。
この時期のキャンパス内が、一番好きです。
↓↓↓
つくば散トレの次の日から、再びお散歩に出られなくなった小麦。
そこまでして行きたくないを主張するなら、よほどのこと。

無理して連れていかなくても、また行きたくなる時が来るよと、
ここ数日、家の中だけで過ごしていました。

この日も連れて行けるかどうかドキドキ・・・。

一度キャリーから出したら、二度と入らないような気がして(笑)
家から駅まで5分のところを暴れるキャリーを抱いて20分ほど歩き、
落ち着いたところで、そのまま電車に乗り込みました。

ガス抜きナーシ!!
それでも、おりこうさんに東大まで行けました。



キャンパスに着いて、キャリーから出したら 走る!走る!!

これまでの運動不足を一気に解消するかのごとく、走り回りました。

40分ほど走ったところで、行動治療の先生に会い近況報告。
そこから再び小走りが続き、診察前90分ほどお散歩というよりジョギングしました。

診察の前に、かぁちゃんクッタクタですよ。


待合室で、ぐーすか。

久しぶりに小麦も一緒に行ったので、血液検査。

検査の結果、肝臓の数値は良好。
血中にもちゃんとお薬が入っていました。

ですが、発作が抑えられていないのでお薬を増量することになりました。
元々ごく少量の服用なのと、体が慣れやすい性質のお薬だからね・・・。

●フェノバール 30mg  1錠 を1日2回 増量 

●臭化カリウム 0.25g 継続

体重 6.8kg あちゃー、ちょっと痩せた(>_<)



最近の小麦は、起き抜けに発作が起こることが多いです。
1度起こると4日ほど続き、その前後はご機嫌ナナメ。

発作時に、かぁちゃんとくっつけば相変わらず唸ります。
サークル内でくっつけないと、座ってじっと耐えています。
何かに夢中にすることが出来れば、
やり過ごすことが出来る時もありますが、やはり不安そう。

発作意外の時も、寝ていて突然鳴きだしたり。
何もない所に向かって、突然ガウガウし始めたり・・・。

発作を抑えるとともに、精神的なケアがすごく大切だと感じます。

かぁちゃんにできることは、この部分。
小麦専属のカウンセラーに、心の港になれるように精進しなくちゃ。



当時は発作だとわかっていませんでしたが、
発作が始まって、丸2年がたちました。

てんかんだと診断されて、約半年。
個体によって多種多様で、治療に本当に根気のいる病気なんだと、痛感しています。

人に比べたら使えるお薬も少ないですし、検査で分かる部分も少ないです。
ですが、新たな糸口を見つけるべく、来月更なる検査をすることにしました。

【飼い主が納得したいだけ】に付き合わせることになるのかもしれないけど、
少しでも可能性があるなら、それに賭けてみたい。

小麦も、わかってくれるよね?