火曜日に チャーリーママ さんの

定例座学@横浜 に参加してきました。


久々の6時ん歩は、寒くて3秒で終了!帰ろうぜオーラ全開の小麦(笑)

テーマは、 『チャーリードッグスクールの全体的なお勉強の流れ』 でした。
↓↓↓
座学に入る前に・・・。



ドッグコミュニケーションインストラクター(DCI)認定講座 の課題課程修了証書を
頂きました。

2011年11月から始めて、丸3年。
何かと急かされることの多い時代に、時間をかけてじっくり向き合い、
しっかりと学ばせてもらえたことは、とてもありがたかったです。

理解の遅いかぁちゃんを忍耐強く導いてくださったチャーリーママさん、
支えてくれたたくさんの仲間たちと、家族。
そして何より経験という大きな学びの機会を与え続けてくれた
小麦とひじきには、本当に感謝しています。



認定講座を始めた当時、小麦の夜中の唸りと噛みつきに試行錯誤の日々が続いていて、
かぁちゃんは、小麦を育てる自信をどんどん無くしていってた頃でした。

小麦を理解したい。
犬についてしっかり学ばないと、小麦の命を全うさせることができないと始めた勉強。

認定課題に取り組みながら、自信とお守りのようなものを
たくさんママさんから持たせてもらいました。

この学びがなければ、今の暮らしや小麦の笑顔はきっとなかったでしょう。



チャーリーママさんの叱らない犬育ては、動物福祉にのっとり、罰的なものを一切使いません。
犬という種を理解し、尊重して、人道的なトレーニングをしていきます。

何かができたり、問題がないから可愛いのではなく、
問題があってもなくても、そんなこと関係なく愛おしい気持ちが溢れてくる。

どんな仔もまるごと愛おしいと思える、トレーニングです。

今も小麦との課題はたくさんあるし、その日をやり過ごすだけで精一杯の日もあります。
それでも小麦はそのままでいいと本気で思っているし、
(課題を放置するという意味ではありませんよ~)
咬んでも何をしても可愛いと、心の底から思います。

そう思えると・・・問題を抱えていても、毎日が本当に穏やかなんです。

そんなチャーリーママさんの叱らないトレーニングを
定例座学では、じっくり掘り下げて学ぶことができます。

ママさんからだけでなく、一緒に参加した方達からもたくさんの気づきがあって、
毎回頭がいっぱいになって帰ってきます。



修了証書を頂きましたが、かぁちゃん的にはここからがスタートだと思っているので、
まだまだ学び続けますよ~。野望もありますし。(笑)

チャーリーママさん、ご一緒したみなさん、楽しい学びの時間をありがとうございました!
これからも、よろしくお願いします。


チャーリーママさんの叱らない犬育ては、コチラ。
わが仔がもっともっと愛おしくなりますし、ワンコの笑顔が倍増しますよ~♪
↓↓↓


チャーリードッグスクール