昨日は、小麦と病院をハシゴしてきました。



まずは、東大です。
↓↓↓
雪がちらつくほど寒かった昨日。
気圧が少しずつ下降していたのもあってか、コムさんきげん悪っ!
(かぁちゃんも頭が痛かった~)

出かけるまでも大騒ぎだし、車の中でもギャン鳴きし続けるしで
受診できるかビミョウな感じで、病院に到着しました。


気圧が低いので、安定の(笑)ごきげんナナメ。

幸いにも雪がやんでくれたので、車を降りて校内を少しお散歩。

寒いから更にごきげんをナナメにする可能性もあったのですが、バッグから出たら
お気に入りのグランド脇を目指して、タッタカ歩きはじめました。

このお散歩で、ごきげん♪が回復し、すんなりと病院内に入ることができました。

あぁ~、助かった。



診察前にこんなところ↑を歩いたものだから、どろどろで受診しました。
わははは~(笑)



前回の受診の記録をしていなかったので、ここにまとめておきたいと思います。

2014年10月21日~12月15日
この期間に確実に発作だなと感じたものはなく、サークルの中でぐるぐる回り続けたり、
鳴き続けたり、発作前特有のちょっとバイオレンスなグズグズが2回ありました。

発作は抑えられているので、薬はそのままの量で継続となりました。


検査が終わって、どよよーん&怒ってはります。

そして昨日。
2014年12月16日~2015年1月16日
寝入りばなに頭が揺れる日が3日、発作が1回ありました。

発作ゼロだと嬉しいのですが・・・2か月に1回は、許容範囲内。
血中濃度や肝数値なども特に問題はなく安定しているので、まずまずなんじゃないかな。

ということで、引き続きお薬を同じ量で継続となりました。



この病院では、問診などをしてくれる担当の先生が4か月ごとに変わるのですが、
前回から小麦が一番初めにお世話になった先生が、また担当してくれることになりました。

ほぼ毎日。多いときには一日に何度も起きていたのが、
2か月に一度程度までになったことをとても喜んでくださいました。

治療を始めた頃は、薬のマッチングがなかなかうまくいかず、
毎週のように量を調整したり、時には種類を変えたり・・・安定するまで長かったなぁ。

発作が起こる度に小麦が壊れていくようで・・・あの頃、それが一番つらかった。

久しぶりに問診をしてもらいながら、当時のことを色々と思い出しました。



先が見えなくて、どん底に思えた日々も、永遠ではなかった!
改めて、支えてくれたみんなに感謝。

ありがとうございます♪



そんなこんなで午前の部、無事終了!
家に帰って、つかの間の休憩です。

この時点で結構ぐったりだったのですが・・・。
午後の部に、つづく。

*****



雪と東大・・・と言えば、思い出さずにいられないあの日。
とぉちゃんの送り迎えがあるとわかっていても、胃が痛くなるんですね・・・。

かぁちゃんのテンションを上げるために、とっておきのバッグを初おろしして臨みました。
yonecoさんが描いた小麦の絵を見るだけで、にんまり。
気分が落ちずに済みました。

胸躍る存在の力ってすごいですね~!
こむひじのそんな存在になりたいと思います。