一年前は、お散歩以外サークルから出すことができなかったコムさん。
最近メキメキと、フリーで過ごす時間が長くなっています。

fu5.jpg

一番ひどかった時は、サークルに手を入れることさえできなかったんですから・・・。
↓↓↓
この進歩は、本当にスゴイ!!と思っています。

fu4.jpg

フリーで過ごせるようになり始めた頃。
フリーにすると、ずっとゴソゴソ動いて落ち着かなかった小麦ですが、
最近はお気に入りのベッドやかぁちゃんが脱ぎ捨てたっジャンバーの上、
ストーブの前などで寝転んで、のんびり過ごす時間が増えています。

fu1.jpg

それに加え、最近は眠くなったり、かぁちゃんが掃除機をかけ始めたりすると、
自分からサークルの中に入っていくようになりました。
(これまではグズグズが始まりそうな時など、様子を見てサークルに誘導していました。)

小麦が自ら、落ち着ける状態を選んでる!

状況を判断し、自分で行動を選べるぐらいフリーでも落ち着けるようになった
ということに、正直おどろきました。

こんな日が、再びやって来るとはね・・・。

fu2.jpg

小麦がフリーで過ごせるようになったことはとても嬉しいことなのですが、
実はフリーで過ごすことに、今は特にこだわっていません。

と言いますのも・・・。
去年の夏頃でしたか、ママさんに小麦のフリーについて相談した時でした。
小麦の様子から、フリーにするのをあきらめた方がいいのかな?なんて思いながら
ママさんに話を聞いてもらっていました。

ママさんと話しながら、薄々感じていたことが明確になり、

『昔いい時があるとねぇ、
欲が出ちゃうのは仕方がないわよね~。』


ママさんのこの言葉を聞いて、かぁちゃんの頭にイナズマが走りました。

誰のためのフリーなのか!
小麦が落ち着けるなら、フリーでもサークルの中でもどっちでも良いではないかっ!

fu3.jpg

そこからかぁちゃんの頭の中から【フリーの練習】という言葉がすっかりなくなりまして。

フリーの状態で小麦が楽しく、心地良く過ごせるよう、
穏やかでいられるよう、ただただ小麦の状態と環境を整えることに徹したのでした。

寝転んでウトウトし始めた時も、心の中でガッツポーズをしつつ平然を装い
(我慢できずに写真は撮ったけど・笑)
『ねんね~』と、いつも寝る時にかけている声かけをしたり、しなかったり。

声をかけるよりそっとしておく方が、小麦にはいいように感じてからは、
何もせず、そのままでした。

そしたら、少しずつフリーで過ごせる時間が長くなっていって、今に至ります。

ただ、今も 【かぁちゃんが布団で寝転んでいる状態】 では、必ず唸って噛んでが出ます。
発作時のことが、フラッシュバックするのでしょうね。

こちらは楽しい記憶で上書きをして、いつか大丈夫になればいいなと思います。

fu6.jpg

フリーの件で、状態を教えるということについて、しっかり考え実践する機会が持てました。
気づくまで相変わらず時間がかかっちゃったけど・・・。

鬼コーチ・小麦には、本当に鍛えられるわぁ。
いつもリアルな学びの場をありがとう!!